風俗の為に旅行へ行く

女の子だってそこには気持ちがある

あくまでも風俗はサービスです。決してプライベートで遊んでいる訳ではないということは自分でも良く分かっているつもりではありますので、それならサービスする側と言うか、気を使うのは相手だろうって気持ちになるのも分からない理屈ではないんです。こっちがお金を払ってサービスを受けたいって話ですしね。でも風俗嬢も女の子なんです。風俗嬢である前に女の子なんです。「甘やかすな」という声も聞こえてきそうですけど、自分は女の子相手に威張りたいんじゃなくて気持ち良くしてもらいたいので、多少は気を使うと言うか、少なくとも話のとっかかりを作ってあげたり、緊張しているようであればこちらが緊張をほぐすこともしますよね。確かに風俗は女の子が奉仕をする側だとは思いますけど、そうと完全に決められている訳ではないんです。だからある程度トスを上げるくらいのことはしても良いと言うか、それこそが快感と満足の鍵でもあるんじゃないのかなって。

刺激を得るということですね

風俗で遊ぶ理由を聞かれてもすぐには分からないというか、快感であり、でも快感だけじゃない。プラスアルファでいろいろなことが楽しめるのもまた、風俗の魅力じゃないですか(笑)だから自分でもどういった理由で楽しんでいるのかは、その時のシチュエーションによって変わるんですよね。とにかく快感だけを得たいって時もあれば、快感よりも女の子との甘い時間を過ごしたいとか、性的な快感よりもむしろ包容力など、女の子に包まれたいとかその時によって自分も何を求めているのかは微妙に変わってくるんですよ(笑)でも、いろんな気持ちで楽しめるのもまた、風俗の良さでもあるんじゃないですかね(笑)幅広い楽しみ方が待っているのもまた、風俗の良さと言っても過言ではないと思うんですよ。特定の決められた理由ではなく、もっといろいろな形で楽しめるのが風俗の良さでもあるので、自分もシチュエーション的にもモチベーション的にも多種多様な形でお世話になっています。